短期集中コース(春期)へのお申し込み

以下のフォームに必要な項目を入力のうえ「送信」ボタンを押してください。

[*]は必須項目です。

氏名 [*]
[*]
[*]
フリガナ [*]
セイ [*]
メイ [*]
全角カタカナ
性別 [*]
生年月日 [*]
電話番号 [*]
半角数字、ハイフン(-)を除く
メールアドレス [*]
半角英数
住所 [*]
郵便番号 [*]
都道府県 [*]
市区郡 [*]
町名・番地 [*]
建物名
学校名 [*]
学校区分 [*]
学年 [*]
当アカデミーを知ったきっかけ [*]

第1条(JALエアラインアカデミー設立の目的)

JALエアラインアカデミー(以下「当アカデミー」といいます)は、キャプラン株式会社Jプレゼンスアカデミーが、日本航空株式会社(以下「JAL」といいます)と共同運営し、主に客室乗務職就業を目指す受講生に対し、JALにおける事業内容への知識・理解を深める機会を提供すると共に、広く企業が求める人材の育成を目的に設立されたものです。

第2条(遵守事項と適用)

  • 当アカデミーがJALエアラインアカデミープログラム(以下「本プログラム」といいます)を当アカデミーの受講者(以下「受講者」といいます)に対して提供するにあたり、当アカデミー及び受講者が遵守すべき事項を定めたものが「JALエアラインアカデミー規約」(以下「本規約」といいます)となります。
  • 受講者は、本規約に同意したうえで当アカデミー受講の申し込みを行うものとします。

第3条(プログラムの内容)

  • 本プログラムは、JAL監修の下、JAL及び当アカデミーによって策定され、当アカデミーによって運営されます。
  • 本プログラムは、基本プログラムと、別途当アカデミーが追加することのできるオプションプログラムから構成されます。
  • 基本プログラムの内容は、以下となります。また、オプションプログラムが追加される場合には、別途受講生に対し当アカデミーから通知されるものとします。
    基本プログラムはこちら »
  • 本プログラムは、プログラムの実施状況、受講状況により変更することがあります。本プログラムの内容を確認ご希望の場合は、本規約第19条(事務局)に定めるJALエアラインアカデミー事務局(以下「当アカデミー事務局」といいます)までお問い合わせください。

第4条(受講申込)

  • 当アカデミーへの申込は、すべて当アカデミーの所定の窓口にて受け付けます。
  • 当アカデミーへの申し込みを希望される方(以下「申込者」といいます)は、当アカデミーに対して所定の申込様式(書類もしくは電子申込システム)に必要事項を記載のうえ提出・送信した後、当アカデミーが当該申し込みを受諾し、かつ申込者からの本プログラムに関する料金(以下「受講料」といいます)の入金を確認できた時に、本プログラムに関する受講契約(以下「受講契約」といいます)が成立するものとします。なお、基本プログラムに関する受講契約、オプションプログラムに関する受講契約は、それぞれ独立して契約が成立します。
  • 前項の形式によらずに別途契約書を締結する場合は、当該契約書に当アカデミー及び申込者の双方が署名又は記名押印し、当アカデミーが当該契約書に基づいた申込者からの受講料の入金を確認できた時に契約が成立するものといたします。なお、当該契約書と本規約の内容が異なる場合は、当該契約書の内容が優先するものとします。
  • 申込者が当アカデミーへのお申込み時に未成年である場合、保護者の方の同意が必要となります。未成年の方は別途所定の申込書によってお申込みいただく必要がありますので、当アカデミー事務局までお問い合わせください。
  • 当アカデミーの円滑な運営を目的として、申込者による当アカデミーへの申込後に、当アカデミーにて選考を実施することがあります。この場合、別途当アカデミーから申込者に対し、選考に関するお知らせをいたします。
  • 当アカデミーは、JALグループ及びその他航空会社への採用を保証するものではありませんので、予めご了承のうえでお申し込みをお願いいたします。

第5条(受講料・諸費用)

  • 受講料は、内容・時間等に応じて当アカデミーが定める料金表によります。なお、受講料には、税込表示のある場合を除き、受講料お支払当時の消費税(地方消費税含みます)が別途かかります。
  • 本プログラム実施に伴い発生する交通費・宿泊費等の諸費用は、原則として受講者の負担となります。但し、当アカデミーで別段の定めをした場合は、この限りではありません。

第6条(受講料のお支払い及びお申し込みの撤回)

  • 受講者は、前条の料金・諸費用について、当アカデミーが指定する期日までに当アカデミー指定の口座へのお振り込み、又は所定の方法で入金するものとします。なお、受講者から当アカデミーが指定する期日までにお支払いがない場合は、受講者が当アカデミーへの申込を撤回したものとみなします。
  • 本規約に定める受講料及び諸費用の支払いに関わる手数料及び当アカデミーから受講者に対して返金する際の手数料は、すべて受講者負担となります。但し、当アカデミーの責に帰すべき事由により、受講者が本プログラムを受講不能の場合は、この限りではありません。

第7条(キャンセル)

受講者が本プログラムの受講をキャンセルした場合の取扱いは、以下のとおりとします。

  1. 受講者が、受講料のお支払後、本プログラム開講前日までにキャンセルした場合:
    受講料は返金いたします。
  2. 受講者が、本プログラム開講日後にキャンセルした場合:
    原則として受講料は返金いたしません。

第8条(委託)

当アカデミーでは、本プログラムの一部又は全部を外部に委託できるものといたします。この場合、当アカデミーは、本プログラムの実施に当たり、当該委託先に当アカデミーと同等の義務を遵守させ、本プログラム提供の質を厳しく監督するものといたします。

第9条(個人情報の取り扱い)

受講者より提供された個人情報の取扱いは、以下のとおりとします。

  1. 法令の遵守

    当アカデミーが受講者から取得した個人情報は、本規約、個人情報の保護に関する法律及び関係する諸法令・規範等に基づき適切に取り扱うものと致します。

  2. 個人情報の提供

    ご提供頂く個人情報はあくまで任意のものですが、お預かりした個人情報が不足している場合には、当アカデミーの研修サービスを提供できない場合がありますのでご了承ください。

  3. 主たる管理者

    個人情報の管理を行う主たる事業者は以下のとおりです。
    ●事業者名:キャプラン株式会社
    ●管理責任者:CCO(チーフ・コンプライアンス・オフィサー)
    ●連絡先:privacy@mail.caplan.jp

  4. 共同利用者

    当アカデミーは、共同運営を行う以下の事業者と受講者の個人情報を共同利用いたします。
    共同利用者との情報の授受に当たっては、パスワード付メールを利用する等、情報漏えいに十分留意した適切な方法を利用し行います。
    ●事業者名:日本航空株式会社、株式会社JALスカイ

  5. 利用目的

    当アカデミー及び共同利用者は、受講者から取得した個人情報について、受講者本人からの問い合わせ対応、JALエアラインアカデミー研修事業の運営管理、他プログラムの案内、統計資料の作成、JALグループ採用活動(※共同利用者のみ)の目的以外では使用いたしません。

  6. 個人情報の項目

    個人情報の主たる項目は、受講者氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、Eメールアドレス、学校名、本プログラム受講状況、評価等を指します。

  7. 第三者への提供

    本条第4項で述べる共同利用者と同5項の利用目的での共同利用及び以下いずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に提供又は開示はいたしません。

    • 提供についてご本人の同意がある場合・ご本人又は公衆の生命、健康、財産を脅かす可能性がある場合
    • 法律の定めにより、政府、地方自治体、裁判所、警察又は国際的な法執行機関より情報の開示を求められた場合
  8. 委託

    個人情報の管理は当アカデミーにて行いますが、データメンテナンス等の理由により、個人情報の処理を外部業者に委託する場合があります。委託先については、個人情報取扱いの安全性確認、秘密保持契約の締結等、適切な管理を行います。

  9. 問い合わせ先等

    個人情報は常に正確かつ最新の状態で管理するよう努めております。住所、連絡先など個人情報の変更(訂正)、又は個人情報の開示・抹消については、当アカデミー事務局までご連絡下さい。開示・訂正・抹消をご依頼いただいた場合には、ご本人であることを確認できた場合に限り、速やかに手続きを行います。
    また個人情報に関するご相談又は苦情、その他個人情報に関するお問い合わせは、当アカデミー事務局までお申し出下さい。当アカデミーの規定に従って、速やかに対応いたします。

第10条(知的財産権の帰属)

  • 当アカデミーが本規約に基づく受講者の申込によって提供する、テキスト、教材その他一切の著作物等の知的財産は、当アカデミーに帰属します。
  • 受講者は、本プログラム受講の目的に限り、当アカデミーが提供する著作物を使用及び複製することができます。
  • 前項に拘らず、受講者は、当アカデミーに無断で、使用、複製、転写又は頒布することは一切できません。

第11条(免責)

当アカデミーは、以下の場合による本プログラム提供遅延又は不能について、一切責任を負わないものとします。

  1. 天災地変、戦乱、暴動内乱、運送機関又は通信回線の事故等によるサービスの中止・遅延、官公署の命令等により、本プログラムの実施が全部又は一部不可能な場合
  2. 受講者が自己の病気等により本プログラム受講に耐えられないと認められる場合
  3. 受講者が他の受講者に迷惑を及ぼす等本プログラムの円滑な実施が困難と推測される場合
  4. 受講者が受講契約及び本規約に関し合理的な範囲を超える負担を当アカデミーに求めた場合
  5. その他当アカデミーの責によらない事由により本プログラム実施が不可能である場合

第12条(解除)

  • 当アカデミーは、以下に定める事由が生じた場合、通知催告後又は何らの通知催告せずに、直ちに本規約に基づく受講契約を解除できるものといたします。
    1. 法令又は公序良俗に反する行為の恐れがある場合
    2. 受講者が、暴力団、暴力団員、暴力団関係企業・団体又は当該その関係者、その他反社会的勢力(以下「反社会的勢力等」といいます)であることが判明した場合
    3. 受講者が、反社会的勢力等でないことに関する調査に協力せず、又は求められた資料等を提出しない場合
    4. 受講者が、当アカデミー講師や他の受講生に迷惑を及ぼし、本プログラム運営に支障をきたす恐れがあると当アカデミーが判断した場合
    5. 受講者が、自ら又は第三者を利用して、暴力的行為、詐術、脅迫的言辞、業務妨害行為などの行為をした場合
    6. 当アカデミーに提出・送信した受講者に関する情報に、虚偽又は重大な遺漏のあることが判明した場合
    7. 当アカデミーが、1カ月以上受講者と連絡が取れない場合
    8. その他受講者の当アカデミーに対する重大な過失又は背信行為があった場合
    9. 本規約に違反した場合
    10. その他当アカデミーが受講契約の解除をやむを得ないと判断した場合
  • 前項の場合による受講契約の終了は、受講者又はその関係者に損害が生じたときであっても、当アカデミーは一切損害賠償責任を負わないものといたします。

第13条(損害賠償)

当アカデミー及び受講者は、自らの責に帰すべき事由により相手方に損害を与えた場合、現実に生じた直接かつ通常の損害の範囲で、相手方に対して損害賠償責任を負うものとします。

第14条(権利義務の譲渡禁止)

当アカデミー及び受講者は、本規約に基づく受講契約上の地位その他受講契約上の権利義務の全部又は一部を第三者に譲渡できないものとします。但し、当事者双方による事前の書面承諾があった場合は、この限りではありません。

第15条(準拠法)

本規約の準拠法は、日本法とします。

第16条(管轄裁判所)

当アカデミーと受講者との間で、本規約に基づく本プログラムの提供に関し紛争があった場合、当アカデミーは、誠実に当該紛争を解決するよう努めます。但し、なお解決されない紛争がある場合には、訴訟その他一切の法的手続きに関し、東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第17条(規約の変更)

当アカデミーは、本規約その他本プログラム提供時の規則等を受講者の承諾なく変更することができ、変更後の本規約その他本プログラム提供時の規則等を受講生に対し適用できるものとします。

第18条(契約終了時の効力)

  • 本規約に基づく受講契約が終了した場合(受講契約の期間満了、期間途中の解除又はキャンセル等受講契約の終了事由を問いません)であっても、本規約第9条(個人情報の取り扱い)、第10条(知的財産権の帰属)、第12条(解除)、第13条(損害賠償)、第14条(権利義務の譲渡禁止)、第15条(準拠法)、第16条(管轄裁判所)及び本条の規定については、依然として効力を有するものとします。
  • 前項に基づき、基本プログラム受講契約又はオプションプログラム受講契約のいずれかが終了した場合であっても、他方の受講契約が依然として存在する場合には、当該契約の各当事者の義務の履行が完了するまで効力は存続するものとします。

第19条(事務局)

各種お問い合わせは、以下、当アカデミー事務局までお願い致します。

JALエアラインアカデミー事務局
メール:お問い合わせフォームはこちら »
TEL:03-6778-5524(受付時間 平日9:00~18:00)

以上